亜鉛欠乏症

 
亜鉛欠乏症は亜鉛の摂取不足、吸収障害、代謝障害等で発症する疾患です。
乳児の吸収障害による亜鉛欠乏症では、出生後口囲、陰部、肛囲等の開口部を中心とする発疹、下痢、脱毛等を伴います。
代謝障害による脱毛症は一般に瘢痕や皮膚病変を伴わず、亜鉛欠乏症の場合髪はびまん性に粗毛となり、一本ごとの毛髪も非常に脆弱です。
AGAとはその発症年齢や病歴・症状も大きく異なることから鑑別は容易です。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報