白髪が多いと薄毛になりやすい?薄毛と白髪の関係性

 
年齢を重ねると身体のさまざまな部分で変化が起こります。頭髪にかんしては徐々に白髪が増えていき、髪のボリュームが落ちて薄毛になったと感じる人もいらっしゃいます。

ときに、この「白髪が増える」と「薄毛になった」という2つの現象は一度にセットで起こると考えている方が非常に多いです。「白髪が多いと薄毛になりやすい」「白髪だと薄毛治療を行っても効果がでにくい」など、白髪で薄毛治療をしたい人やしている人が不安を感じてしまうようなウワサがあるのも事実です。

今回は白髪と薄毛には関係があるのか、白髪や薄毛のメカニズムについて解説していきます。

薄毛(AGA)になるメカニズムについて

男性の薄毛の症状の多くがAGA(男性型脱毛症)と言われており、その原因は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)という体内のホルモン物質です。DHT(ジヒドロテストステロン)は、毛乳頭細胞に取り込まれた男性ホルモンであるテストステロンが、5αリダクターゼという還元酵素と結びつくことで変換されます。そして毛乳頭細胞にある受容体(アンドロゲンレセプター)と結合すると、脱毛指示を毛乳頭細胞へ送り、毛乳頭細胞は毛母細胞の細胞分裂を止めてしまい、髪の成長が止まり脱毛します。

AGAの効果的な治療法とは

AGA(男性型脱毛症)のメカニズムについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

毛乳頭細胞は、髪のもととなっている毛母細胞の成長や脱毛などのコントロールをしている細胞です。正常に活動していると毛髪は2~6年程度かけて成長し、自然と脱毛します。しかし、AGA(男性型脱毛症)になってしまうと、2~6年かけて成長と脱毛を繰り返している髪の生え変わり(ヘアサイクル)が、徐々に1年~数か月と期間へと短縮されてしまいます。

ヘアサイクル(毛周期)について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

AGAが進行してしまうと、ヘアサイクルが短命になることで抜け毛が増加し、更に毛髪は太く長い状態まで成長ができなくなってしまう為、成長期間が短いので産毛のような細く短い毛髪になっていきますので、地肌が見え始めてしまうのです。

毛髪が作られるメカニズムについて

毛髪には頭皮に埋まっている部分を毛根、頭皮から出ていて私たちが目にしている部分を毛幹と呼びます。毛根の最下層には毛球があり、毛乳頭細胞の周りを覆うように毛母細胞が集まっている状態です。

毛髪が作られるメカニズムについて

毛乳頭細胞の指令によって毛母細胞が、表皮へ押し上げる様に細胞分裂を繰り返すことで成長し、ケラチンがどんどん固くなる状態になることを角化と呼びます。

毛母細胞は毛球の周りにある、メラノサイト(色素細胞)の作ったメラニン色素を取り入れながら角化し、毛髪を成長させるのです。

白髪になるメカニズムについて

前述したとおり、毛髪はメラニン色素を取り入れながら成長していきます。このメラニン色素が作られなかったり、取り入れられなくなったりすると毛髪は色素を持たないまま成長します。視認できるほどにまで成長してくると、色素の持たない、持っていても少ない毛髪になります。

白髪になるメカニズムについて

白髪には2つのタイプがあるといわれています。

● 休止型:メラニン色素の合成ができないタイプ
● 欠失型:メラノサイトが減少、あるいは欠失しているタイプ

メラノサイトとは、メラニンを生合成している組織のことです。皮膚の基底層と毛髪の毛母細胞に分布しており、黒色のユーメラニン(真性メラニン)と黄色のフェオメラニン(黄色メラニン)の2種類が確認されています。この2種類のメラニンは皮膚や毛髪にそれぞれ分布しており、その比率で色に違いが出るのです。

休止型は、メラノサイトが残っていてもメラニン色素の合成を行いません。欠失型はメラノサイトそのものが減少、または欠失しているため、毛髪に色素を持たせられないのです。白髪の多くは欠失型と言われていますが、なぜ欠失してしまうのかなどはいまだ解明されていません。

白髪と薄毛の関係性とは

AGA(男性型脱毛症)の原因は男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が、毛乳頭細胞に脱毛のシグナルを発することで、白髪の原因はメラノサイトから作られるメラニンが毛母細胞に取り込まれなくなることです。この事実から白髪と薄毛の関係性や因果性はありません。

また、白髪の方がAGA(男性型脱毛症)を治療する際にも、その治療効果に白髪であることは何ら影響はありません。AGA治療には主にDHT(ジヒドロテストステロン)の変換に用いられる5αリダクターゼを阻害するフィナステリドやデュタステリド、血管拡張作用のあるミノキシジルを用います。そして、これらの治療薬には、白髪だから作用が半減してしまうようなこともありませんので、白髪の方でも問題なくAGA治療できますので安心してください。

白髪の方における薄毛治療の方法

男性の場合、薄毛のほとんどがAGA(男性型脱毛症)と言われています。成人男性の3人に一人の割合で発症し、思春期を迎えた20歳以降の男性が、若くして悩んでいる脱毛症です。

白髪の方がAGA(男性型脱毛症)を改善したい場合も、黒の毛髪で薄毛に悩んでいる人と同様の治療方法になります。女性と男性での薄毛治療は方法が異なりますが、年齢や白髪で薄毛治療ができないことはありません。しかし併発している疾患によっては、AGA治療では効果がでない場合もありますので、医師と相談するようにしましょう。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報