頭皮の違和感やつっぱりの原因は?AGAとの関連性

 
AGA(男性型脱毛症)の患者様で、「髪が薄くなってから頭皮に違和感がある」「頭皮がつっぱる」等の症状を訴えられる方がおられますが、これらの症状がAGAと関連性があるかについて解説します。

頭皮の違和感やつっぱりの原因

頭皮には感覚神経が沢山分布しており、また毛包にはMerkel細胞(※1)という触覚細胞が存在している為、皆さんが思う以上に頭皮は敏感で毛にわずかな外力が働いただけでもそれを感じることが出来ます。

※1 Merkel細胞とは皮膚に存在する触覚センサーとしての役割と持ち、外界からの機械刺激を電気シグナルに変換する触知覚細胞。

これらの細胞の働きにより、風が吹いたり、髪に櫛を通した時に毛髪の動きを感知する事ができます。また、頭皮の違和感やつっぱりの原因として一例ではありますが、以下の様な事が考えられます。

脂漏性皮膚炎

頭皮を含めた皮脂の分泌が多い場所を中心に起こる皮膚炎です。カビの一種(真菌)が繁殖することで、赤らみ、かゆみ、かさつきを感じます。これらの炎症により頭皮に違和感を感じるケースがあります。

洗浄力の強いシャンプー

本来、頭皮は皮脂膜と呼ばれる脂の薄い膜に覆われることで頭皮の水分を保ち乾燥を防ぎます。しかし、洗浄力の強いシャンプーで必要以上に頭皮の皮脂を除去することで、頭皮は皮脂膜が失われ頭皮が乾燥してしまいます。そうなると頭皮に違和感やつっぱりを感じる可能性があります。

日焼けや肌荒れ

紫外線の刺激や肌荒れにより、頭皮のコンディションを落とすことで頭皮の細胞中の水分が失われ頭皮が乾燥してしまいます。そうなると頭皮に違和感やつっぱりを感じる可能性があります。

重度の肩こり

肩や首の筋肉は顔の筋肉や頭皮とも繋がっており、重度の肩や首のコリで筋肉が縮小して硬直することで、繋がっている顔の筋肉や頭皮も引っ張られ違和感やつっぱりを感じる可能性があります。

頭皮の違和感とAGAの関連性

頭皮の違和感やつっぱりという感触や症状は一般的にAGA・男性型脱毛症が原因で起こることはありません。男性型脱毛症・AGAはあくまで男性型ホルモンの分泌に起因し脱毛のみを引き起こす疾患であり、直接的に頭皮に炎症を引き起こすことはないからです。

AGAについて詳しくはこちらをご覧ください。

詳しくはこちらの記事をご覧ください

ただ、AGA治療中は髪や頭皮が普段よりも敏感になるタイミングである点や、長期的に頭皮の違和感やつっぱりが解消しない場合は皮膚炎他を疑う必要がありる点などからも、まず頭皮の違和感やつっぱりが気になったら早めに医師に相談をしましょう。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報