女性の薄毛治療薬 スピロノラクトンの効果や副作用について

 
女性の薄毛治療の中でもFAGA(女性男性型脱毛症)治療に用いられる治療薬スピロノラクトンの効果や副作用について解説致します。

スピロノラクトンとは

スピロノラクトンは、本来利尿作用による高血圧治療薬ですが、現在女性の薄毛治療にも使用されている薬剤です。スピロノラクトンはジヒドロテストステロンの男性ホルモン受容体への結合を阻害し、抗男性ホルモン作用を持つため、FAGA治療に有効とされています。ま た、スピロノラクトンは卵巣での男性ホルモン産生抑制作用もあるため、男性ホルモンの過剰分泌が原因で起こる重症のニキビの治療等にも用いられています。

スピロノラクトンの効果

スピロノラクトンは本来、高血圧や心不全の方への降圧剤として使用される利尿薬です。尿を排出することで体内の水分量を減らし、体内の血液量が減るため血圧を下げる効果があるなど、薄毛治療以外にも様々な治療に用いられますので、その用途や効果を解説します。

スピロノラクトンの効果1:利尿剤の効果

アルドステロンという体内の塩分(ナトリウム)とカリウムのバランスをコントロールしているホルモンは、血管内に塩分と水分をため込む作用があります。スピロノラクトンには抗アルドステロンの作用があり、このアルドステロンの働きを抑えることで体内に水分をため込まない効果から高血圧治療薬の利尿剤として用いられます。

スピロノラクトンの効果2:にきび治療の効果

にきびは男女問わず、10代から30代の顔面部や上背部、前胸部の皮脂がたまりやすい部位にみられます。男性ホルモンの分泌が活発になることで、皮脂の分泌も多くなる年頃です。スピロノラクトンは受容体の選択性が低い、非選択的抗アルドステロン薬でもあるため、形状が似ている性ホルモンの阻害も行ってしまいます。この作用を利用して、男性ホルモンによって分泌する皮脂を抑えて、にきび治療を行うのです。

スピロノラクトンの効果3:FAGA治療の効果

FAGA(女性型男性型脱毛症)は女性の体内で女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが優位になってしまうことで起こる脱毛症です。男性型脱毛症を女性が発症していると考えられており、スピロノラクトンのアルドステロン受容体拮抗作用を利用して、アンドロゲン受容体の活性もブロックします。抜け毛の原因でもあるジヒドロテストステロン(DHT)とアンドロゲン受容体の拮抗も抑えるので、抜け毛予防の効果が期待できます。

FAGAについて詳しくはこちらをご覧ください。

男性の脱毛症であるAGA(男性型脱毛症)治療薬でいうと、フィナステリドと似たような作用がありますが、フィナステリドは妊娠又は、妊娠している可能性のある婦人及び、授乳中の婦人に投与すると、男性ホルモンの低下により男子胎児の生殖器官等の正常発育に影響を及ぼす恐れがあるとされ女性は禁忌(使用してはならない)とされている為、女性の薄毛治療においてフィナステリドの代替え的な治療薬として、FAGA治療にスピロノラクトンを利用します。

フィナステリドについて詳しくはこちらをご覧ください。

なお、利尿作用がある治療薬の為、副作用にむくみなどが確認されている発毛薬のミノキシジルとの相性が良く女性の薄毛治療において、スピロノラクトンとミノキシジルは併用されるケースがあります。

ミノキシジル外用薬について詳しくはこちらをご覧ください。

ミノキシジル内服薬について詳しくはこちらをご覧ください。
詳しくはこちらの記事をご覧ください

スピロノラクトンの副作用

血圧の降圧剤の作用もあるため、もともと高血圧ではない方が服用すると低血圧になってしまうことがあります。そのため、ふらつきや眩暈などを引き起こす場合があることから、運転する際や高所での作業をする際には服用に気を付ける必要があります。

また利尿剤ですので、のどの渇きや頻尿になるということもあり得ますが、水分補給をこまめにしておくことで脱水の症状は防げますが、夏場の服用は特に注意が必要です。

さらに、性ホルモンに作用する治療薬ですので、女性の場合ホルモンバランスが乱れて乳房の痛みや生理不順などが起きてしまいます。これらはスピロノラクトンの配合量にもよって解消するので、症状が出た際には直ぐに医師に相談するようにしましょう。

重大な副作用

スピロノラクトンには3つの重大な副作用が報告されています。

● 電解質異常(高カリウム血症、低ナトリウム血症、代謝性アシドーシス等)
● 急性腎不全
● 中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群

上記の異常が認められた場合には、確認された異常によっては医師の判断で薬の量を調整する必要や、経過観察をしないといけません。上記以外にも不整脈や全身倦怠感、脱力等があらわれることもありますので、服用する際は必ず医療機関に相談してください。

その他の副作用

スピロノラクトンには、その他の副作用として以下の症状や異常が確認されています。

このような症状が発現した場合、重大な副作用ではなかったとしても、投与を中止するなどの適切な処置が必要な為、処方を受けた医療機関に必ず相談しましょう。

※スマートフォンでご覧の場合はこの表を横にスライドができます。

部位 頻度不明
内分泌 女性型乳房、乳房腫脹、性欲減退、陰萎、 多毛、月経不順、無月経、閉経後の出血、音声 低音化、乳房腫瘤、乳房痛
過敏症 発疹、蕁麻疹、そう痒
精神神経系 眩暈、頭痛、四肢しびれ感、神経過敏、うつ状 態、不安感、精神錯乱、運動失調、傾眠
肝臓 AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、 Al-P上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇
腎臓 BUN上昇
消化器 食欲不振、悪心・嘔吐、口渇、下痢、便秘
血液 白血球減少、血小板減少
その他 倦怠感、心悸亢進、発熱、肝斑、筋痙攣、脱毛

※スピロノラクトンは降圧剤や性ホルモンの阻害などの作用から、重篤な副作用が発現する可能性がありますが、その頻度や使用成績の調査は行われていません。そのため、重大な副作用が報告されてはいますが、どの程度の頻度で出るのかは不明な点が多い為、副作用を感じたらすぐに掛かりつけの医師に相談してください。

禁忌

スピロノラクトンは降圧作用や性ホルモンへの干渉など、服用する際には注意が必要な治療薬であり、禁忌(使用してはいけない)が下記の通り定められています。

● 無尿又は急性腎不全の方
● 高カリウム血症の方
● アジソン病の方
● タクロリムス、エプレレノン又はミトタンを投与中の方
● 過敏症の既往歴のある方

参考:武田薬品工業株式会社 スピロノラクトン錠 25mg「テバ」より

併用してはいけない薬もあるため、現在服用中の治療薬がある場合、FAGA治療を受ける際にはどういった薬をどのような目的で服用しているか、医師に伝えた上で処方を受けましょう。

スピロノラクトンの服用方法

利尿薬作用がある為、夕食後に服用すると夜中に何度も排尿で起きてしまい、良質な睡眠の妨げになってしまう可能性があります。そのため、朝や昼に服用するのがおすすめです。処方を受けた医師の判断や症状の進行具合によって、適宜用量が増減しますので決められた用量を服用するようにしましょう。

スピロノラクトンの入手方法

スピロノラクトンは内科やAGAクリニックで取り扱っています。市販では販売されていませんので、医療機関で医師から処方してもらうのが一番安全です。個人輸入でも入手することができますが、薬自体が偽物だったり、重大な副作用がでてしまったりすることがあり得ますので、医療機関から入手すると良いでしょう。

スピロノラクトンには重大な副作用の他にも、さまざまな副作用が確認されているので、こまめに医師と相談できる病院で処方を受けて薄毛治療を行いましょう。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報