永久染毛剤

 
永久染毛剤は、ヘアカラーリング剤の一種です。染料が毛髪内部に浸透し、化学的な変化を経て色素となり毛髪内部に留まる事で毛髪を好みの色に着色します。

医薬部外品に分類され化粧品よりも着色力などに優れる事から、接触性皮膚炎やアレルギー性皮膚炎を誘発する可能性も化粧院ヘアカラーリング剤よりも高いため、使用前にパッチテストが義務付けられています。

永久染毛剤には酸化染毛剤と非酸化染毛剤の2種類があります。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報