電気穿孔法

 
電気穿孔法はエレクトロポレーションとも呼ばれる細胞内への物質輸送法の一つです。微弱の電流と高周波を用いて細胞間脂質の結合を一時的に解放し、微小な孔を通じて比較的分子量の大きな物質の細胞内輸送を可能とします。電気穿孔法は表面麻酔の導入や遺伝子治療などに応用されています。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報