塩酸ジフェンヒドラミン

 
塩酸ジフェンヒドラミンは、H1受容体拮抗薬の一種であるジフェンドラミンより生成される化合物です。
皮膚や頭皮の痒みを抑える働きがあることから、スキンケア、ヘアケア用品に使用されています。
また、その抗ヒスタミン作用から、消炎剤として鼻炎薬などにも使われています。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報