脱色・脱染剤

 
脱色・脱染剤は、毛髪の中のメラニン色素を分解し、毛髪の黒色を好みの色に脱色する製品です。染毛剤で染まった毛髪を再度脱色する際にも用いられます。

医薬部外品として認定され、酸化剤として過酸化水素やアンモニア水等が使用されています。脱色は強力な酸化作用のため他のカラーリング剤に比べて毛髪損傷の頻度も少なくないため、使用には注意が必要です。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報