トップページ >  AGA遺伝子診断

AGA遺伝子診断

AGA遺伝子検査について

当院では、男性型脱毛症AGAの進行度と、5α還元酵素阻害薬の治療効果測定に役立つAGA遺伝子検査「アンドロゲンレセプター遺伝子多型解析」を行っています。

AGAの最大の原因は「ジヒドロテストステロンの頭皮への影響」です。
このジヒドロテストステロン(以下DHT)の効果は、DHTが頭皮に存在する「アンドロゲン受容体」と呼ばれる「DHTの受け皿」に結合する事によって発現します。

最近の研究では、このアンドロゲン受容体の数には個人差があり、アンドロゲン受容体の数が多い人程AGAになりやすく、少ない人ほどAGAになりにくいという事がわかっています。
つまり「薄毛になる・ならない」は男性ホルモンDHTの量では無く、この「DHTの受け皿の量」で決まっているという事になります。どれだけ血中DTHの濃度が高くても、このアンドロゲン受容体が少なければ薄毛にはなりにくい訳です。

このアンドロゲン受容体の量を決定する遺伝子には、CAGやGGCのような3塩基が繰り返し存在する「トリプレットリピート領域」がありますが、この領域の長さには個人差があります。
アンドロゲン受容体遺伝子のトリプレットリピート領域が短いほどアンドロゲン受容体の量が多い、つまり「AGA発症、進行のリスクが高く」、逆にリピート領域が長いほどアンドロゲン受容体の量が少ない、つまりAGA発症、進行のリスクが低いことが報告されています。

AGA遺伝子検査はこのアンドロゲン受容体遺伝子のトリプレットリピート数を測定し、「男性ホルモンに対する頭皮の感受性」を数値化することを可能にした、AGA・薄毛治療の診断や、治療効果の予測に非常に有用な検査です。

当院でのAGA遺伝子結果を行う場合は、通常採血をしてから約3週間後に結果が出ます。
AGAの進行リスクや、お薬の効果に不安のある方にはこのAGA遺伝子検査をお勧めしています。

AGA遺伝子検査(採血・診断料込) ¥19,440-(税込)

ご予約はこちらから »

AGAは父方遺伝?母方遺伝?

男性型脱毛症AGAの発症リスクは、アンドロゲンレセプターの量によって左右されるというお話をAGA遺伝子診断の項でお話しました。
ではその遺伝子は父方由来なのでしょうか、母方由来なのでしょうか。

このアンドロゲンレセプター数を決定するCAG、GGCの遺伝子繰り返し構造はX染色体上にあることがわかっています。
「X 染色体」とはヒトの男性が持つXとY二つの染色体のうちの一つであり、この「男性のX染色体」は母親(女性はX染色体を二本持つ)から受け継ぐため、アン ドロゲンレセプターの量を決定する遺伝子は母方由来、つまり母方から遺伝します。
AGAの発症は決してアンドロゲンレセプター遺伝子のみで決定されている 訳では無いのですが、巷に聞く「薄毛は母方の祖父から遺伝する」という噂は、確度の高い話かもしれません。

▲上に戻る