トップページ >  新着情報一覧 >  慶應義塾大学皮膚科学教室、ヒトiPS細胞を用いた毛包の部分再生に成功

慶應義塾大学皮膚科学教室、ヒトiPS細胞を用いた毛包の部分再生に成功

慶應義塾大学皮膚科学教室の大山学専任講師らによって、免疫不全マウスの皮膚上でiPS細胞からヒト毛包の一部の再生に成功したとの報告がなされました。

ヒトの毛包は、毛髪自体を作るケラチノサイトと、そのケラチノサイトに「毛髪作成のシグナル」を送る毛乳頭細胞が複合して作られた物です。
今回大山講師らは、まずヒトiPS細胞からケラチノサイトの前駆細胞を作成し、この前駆細胞にマウスの幼若線維芽細胞由来の「毛髪作成シグナル」を与える事で、マウスの皮膚上でヒトiPS細胞からの毛包の一部の再生を確認したとの事です。

従来ヒト毛包再生には毛乳頭細胞やケラチノサイトを採取、培養という研究が進められていたのですが、この手法ですと「培養後に毛乳頭細胞のシグナル生成能力が失われる」という欠点が在ったため、培養にかわる手段として、iPS細胞からの毛髪組織再生成功は頭髪医療における大きな前進であると考えます。

今回「ケラチノサイトにシグナルを送る」毛乳頭細胞の役割はマウスの細胞を使用していますから、今後ケラチノサイト、毛乳頭細胞ともにヒト由来のiPS細胞での毛包再生の成功が望まれます。

▲上に戻る