トップページ >  男性型脱毛症の診断

男性型脱毛症の診断

脱毛症状のパターンやAGA遺伝子検査から男性型脱毛症が強く疑われる場合は、男性型脱毛症の進行度の判定を行います。
このAGA進行度の判定には、Hamilton-Norwood分類を用います。

角額(生え際、M字部分)の後退が認められる →No I型 I型
↓Yes
角額の後退が、耳と頭頂点を結ぶ線の2cm前方よりも後退している →No II型 II型
↓Yes
頭頂部にも脱毛部を認める →No III型 III型
↓Yes
頭頂部の脱毛部と前頭部の脱毛部を分ける部分にも脱毛部が認められる →No IV型 IV型
↓Yes
頭頂部の脱毛部と前頭部の脱毛部が完全に繋がっている →No V型 V型
↓Yes
側頭部の上縁が水平である →No VI型 VI型
↓Yes
→No VII型 VII型

この他にも、Ⅱ型にも関わらず頭頂部脱毛の認められるⅡvertex型等、様々な亜型が存在し、適切な診断にはより詳細な医師の診察が必要です。
当院の発毛・育毛治療はこの様な進行度に合わせ治療を行います。

▲上に戻る