トップページ >  フィナステリド(プロペシア)服用上の注意

フィナステリド(プロペシア)服用上の注意

フィナステリド(プロペシア)は長年前立腺肥大症の内服治療薬としても使用されて来た薬剤ですので、その薬理作用は比較的安全で、大きな副作用は無いのですが、下記に該当する方は服用できません。

■肝機能障害のある方
人体は薬剤を肝臓で分解しますので、その肝臓に大きな異常があると服用出来ません。
事前の血液検査で服用可能かどうかのチェックが必要です。

■妊婦または妊娠している可能性のある女性
フィナステリドは男性ホルモンの挙動をコントロールする薬剤ですので、母体に対する影響が皆無とは言えません。妊娠の可能のある女性が誤って服用しないように注意してください。

▲上に戻る