医学的見地に基づくAGAに効果がある薬と治療法

 
最近抜け毛が多い、地肌が露出してスタイリングが決まらないなどの薄毛について悩みをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

また、朝目覚めた時に枕元に沢山の抜け毛が落ちていた時や、入浴後に髪を拭いた際に沢山の抜け毛がタオルに付いていたら焦りや不安を感じた方もいらっしゃると思います。

そんな皆さんにぜひとも知ってほしいのが「AGA(男性型脱毛症)」の事です。実は、AGAとは男性型脱毛症の事で、青年期以降における薄毛症状の原因で、*成人男性の3人に1人がこのAGAに悩んでいるとも言われています。

AGA(男性型脱毛症)のメカニズムについて詳しくはこちらをご覧ください。

AGAとは?薄毛になるメカニズムや原因と治療法

テレビのコマーシャルや薬局でみかける薄毛対策のシャンプーや育毛剤、また病院で処方される薬など、インターネットが便利になった現代では薄毛関係の情報は溢れかえり、AGA対策と一言で言っても多種多様な選択肢があります。

では実際はどれが本当に効果の期待できるAGA治療なのでしょうか?

効果的なAGA治療とは

薄毛に悩む男性の多くが、まずその対策として手に取るのがネット通販やドラッグストアなどに売られているスカルプシャンプーや育毛剤などではないでしょうか。

しかし残念なことにこれらではAGAの症状を改善することは一切出来ません。

なぜならば、AGAというのは体の中の髪にとっての悪玉男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)が原因となる物であり、そのDHTにアプローチする事が、AGAへの対策となるからです。

AGAの効果的な治療法とは

残念ではありますが、スカルプシャンプーや育毛剤ではDHTにアプローチすることが出来ないのでAGA対策は出来ません。

国内では1999年に大正製薬の「リアップ」が認可され、2005年にはMSD製薬の「プロペシア」が厚生労働省で認可を受けています。

それらを始めとしてお薬を基にした医学的にAGAに効果が認められた治療法や治療薬が確立されていますので、その様な根拠ある治療法を選択することがAGA対策に繋がるのです。

効果的なAGA治療法の種類

では、その治療について詳しくお話をしていきましょう。AGA治療の方法は大きく分けて3つあります。

1つは内服薬での治療、2つめは塗り薬を用いての外用薬での治療、そして3つめは頭皮へ注射などのでお薬を注入する「注入治療」です。

1:内服薬でのAGA治療

内服薬での治療は基本的に「フィナステリド」「デュタステリド」「ミノキシジル」これら3種類の薬を用いて行われます。

どちらも専門の医療機関でのみ処方が可能なお薬ですので、病院で症状を確認の上で、お薬を処方してもらい服用しましょう。

フィナステリドによるAGA治療

フィナステリドとは、AGAの原因となる「DHT(ジヒドロテストステロン)」を抑制し抜け毛の進行を抑制する効果が期待できるお薬です。

体内にある男性ホルモンは生命活動を行う上で重要な物質です。しかしながら毛根周囲で5-α還元酵素(5-αリダクターゼ)という酵素と結びつく事で、髪の悪玉男性ホルモンである「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変化し、時として薄毛の進行を促してしまいます。

フィナステリドはこの「テストステロン」と「5-α還元酵素(5-αリダクターゼ)」の結合をブロックするのがフィナステリドの作用機序であり、DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制し、薄毛の進行を抑制することができます。

デュタステリドによるAGA治療

DHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制する効果は、フィナステリドだけでなくデュタステリドも同様です。

なお、両社の違いとしては5α還元酵素にはⅠ型とⅡ型があり、Ⅱ型のみに作用するのがフィナステリド、Ⅰ型とⅡ型の両方に作用するのがデュタステリドです。

なお、この作用の点だけを鑑みるとⅠ型だけ阻害するフィナステリドよりⅠ型とⅡ型の両方を阻害するディユタステリドの方が優れた薬の様に思われがちですが、決してそういう訳ではありません。

5α還元酵素のⅡ型は頭部の毛根に多く由来する為、AGAと強い相関を示すとされていますが、Ⅰ型に関しては全身の毛根に由来している為、AGAとの相関はそこまで強くないとされています。

また、デュタステリド自体は国内でザガーロという薬品名でグラクソ・スミスクライン社から販売が始まって未だ数年ということで、実際の治療現場での臨床データの数も少なくフィナステリドとデュタステリドのAGA治療の効果の優劣は明確になっていないのが現状です。

その為、日本では処方が開始されて10年以上が経過し、充分な臨床データが揃った上でAGA治療の一定の効果が確立されているフィナテリドを処方しているAGAクリニックのや皮膚科の方が圧倒的に多いという現実もあります。

ミノキシジルによるAGA治療

フィナステリド・デュタステリドの脱毛を防ぐ効果とは異なり、ミノキシジルは髪の毛の成長を促す成長因子の分泌を促し、髪の毛母細胞(髪の毛を作る場所)を活性化させることで、髪の毛を太く長くする発毛効果が期待できます。

そもそもミノキシジルは、血圧拡張薬として開発されたもので、副作用として発毛が確認できたことから研究が始まりました。

日本ではミノキシジルの内服薬は認可されていませんが、その発毛効果の高さから医療法に則り多くのAGAクリニックで医師の裁量権の元にミノキシジル内服薬を海外から輸入して患者に処方しています。

外用薬でのAGA治療

外用薬での治療法とは、塗り薬を薄毛の部位に塗って、髪の毛を生やすというものです。頭に塗るというと育毛剤と混同してしまいがちですが、育毛剤と外用薬(発毛剤は)大きく違います。

外用薬はAGA治療を行っているクリニックだけでなく、薬剤師のいる薬局でOTC医薬品として手に入れることができるため、薄毛に悩み始めた方にとっては最も身近に試すことができる治療といえます。

ミノキシジルによるAGA治療

内服薬に用いられるミノキシジルは、外用薬としても用いられる成分です。

飲み薬として服用することで、毛根に有効成分が巡り効果を期待する内服薬と異なり、外用薬の場合は皮膚から吸収して効果を期待するお薬の為、有効成分の吸収率が低く、内服薬と比べ効果が劣ると言われがちです。

このミノキシジル外用薬はOTC医薬品のリアップとして日本で初めて発売され、2019年以降はメディカルミノキ5を筆頭に様々なジェネリック薬品が発売されています。

効果としては内服薬と同様に髪の毛の成長を促す成長因子の分泌を促し、髪の毛母細胞(髪の毛を作る場所)を活性化させることで、髪の毛を太く長くする発毛効果が期待できます。

頭皮への薬剤注入でのAGA治療

薄毛治療における基本的な治療方法は内服薬と外用薬による治療ですが、それらをカバーするための補助的治療として注入治療もあります。

この治療はあくまでプラスアルファとしての治療なのでクリニックによっては実施をしていない場合も多いです。

この注入治療はクリニックごとに様々な施術名でサービスが提供しており、注入される薬剤は、成長因子そのものが使われるケースが多いです。そして注入方法については、注射針をはじめ、電気、レーザー、炭酸ガスなども用いられます。

なお、代表的な治療名としては「HARG治療」「育毛メソセラピー」などの名前で行われているものがあります。

植毛でのAGA治療

これまで紹介してきた、内服薬・外用薬や注入治療は、「髪の毛が抜けてから生え変わるまでのサイクルが繰り返されている状態=毛根が活動している状態」に効果があるものです。

しかし「薄毛部分に産毛すら存在していない=髪の生え代わりが終了している」場合、投薬治療では毛髪は生えてくることが無いケースが多いため、効果は期待できません。

その様なケースに対応しできる方法として「植毛」があり、古くは「人工毛」を用いる手術、近年では「自毛」を用いる2種に分類ができます。

人工毛植毛によるAGA治療

人工毛植毛とは、ポリエステルやナイロンなどでつくられたの合成繊維で作られた毛髪を頭皮の下に植え込む植毛です。

人工遷移を用いた毛髪ですので、毛の長さも量、色や髪質もコントロールできるので、髪質に合わせた髪の増毛が希望に沿って出来ることがメリットです。

しかしながら、体内に異物を挿入する為、拒絶反応や頭皮へダメージなど発症するリスクが伴います。

自毛植毛によるAGA治療

自毛植毛は人工毛植毛とは違い、自身の毛根を薄毛部分に移植する方法で、AGAの影響を受けにくい側頭部や後頭部の毛根を移植する方法です。

毛根を移植することで、髪のボリュームが増えるのは勿論ですが、移植後もドナードミナンスという人間本来の性質により移植前の毛根の性質を移植後も引き継ぐという細胞の性質を利用することで、薄毛部位に移植した毛根は、その後次便の頭髪ろ同じ様に伸び、生え変わっていきます。

主に移植元の毛根採取方法により術式が分かれており、メス用いるFUT術とメスを用いないFUE術、専用の細い植毛針を用いたニードル法という3種類があります。

自毛植毛の大きな利点としては、自身の毛根を移植するので植毛部位にきちんと定着さえすれば、自毛と同じように扱える為、その後のメンテナンス費用が抑えられる点です。また、自分自身の細胞による移植手術なので、手術後の植毛部位への拒絶反応を含めたダメージも人口毛植毛とは異なり、少ないといえるでしょう。

しかしながら、手術での治療でることを考えた場合、手術費用やそれに伴う麻酔費用、術後のメンテナンスなどを考えると数百万代の費用がかかるケースも少なくないので、内服薬や外用薬の月数万円の治療とは異なり、金銭的な負担が大きくなるケースが多いです。

AGAの効果的な治療法

この様にAGAの治療に際し、医学的に根拠がありAGAへの効果が確立されている治療方法といっても、その種類は多種多様です。そして、一概にどの治療法や薬が効果があるという訳ではなく、人それぞれのAGAの進行や症状の度合い、薬の効果の出方などにより、その治療法の効果も大きく異なります。その為、どの治療法を選択するかは自らの判断ではなく、しっかりと医師に触診などで頭皮の状態やAGAの進行状況などを細かく診断してもらった上で、どのAGA治療法を選択すべきかを相談しながら決めていくのが良いでしょう。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報