潜在的な薄毛リスクを確認する「AGA遺伝子検査」の意義とは

 
男性における主な薄毛要因はAGA(男性型脱毛症)だといわれています。そのAGAの発症の有無や進行の程度には体質による個人差があると考えられており、潜在的な薄毛リスクを確認するための「遺伝子検査」といわれる方法が存在します。

遺伝子を確認することにより、将来的な薄毛の可能性を調べる遺伝子検査とはどのような検査なのでしょうか?この記事ではAGA治療における遺伝子検査について解説します。

AGAのメカニズム

AGAは男性ホルモンに起因して発症する進行性の脱毛症です。

主に20代前半以降の男性に多く見られる症状であり、前頭部や後頭部を中心に抜け毛が起こることで徐々に薄毛が進んでいきます。

AGAは具体的な対処を施さなければ進行を止めることはできません。

AGAの原因

髪の毛は「ヘアサイクル(毛周期)※1」と呼ばれる髪の生え代わりのサイクルが一定の周期が正常に行われることによって健康を保っています。

しかし、AGAを発症するとヘアサイクルにおける「成長期」と呼ばれる髪の毛の成長にとって重要な期間が短縮されてしまうのです。

AGAの発症には悪玉男性ホルモンと呼ばれる「DHT(ジヒドロテストステロン)」が深く関与しています。体内で生成されたDHTと、男性ホルモンの受容体である「アンドロゲンレセプター」が結合することによってAGAは発症します。

DHTとアンドロゲンレセプター

発症したAGAにより成長期を短縮されてしまった頭皮には、細く短い髪の毛ばかりが目立つようになり、結果的に薄毛へと繋がっていきます。

具体的なAGAのメカニズムについてこちらをご覧ください。

AGAとは?薄毛になる過程と原因。効果的な治療を解説

※1「ヘアサイクル(毛周期)」
髪の毛に存在する一定の周期。主に「成長期」「退行期」「休止期」からなるサイクルのこと。

AGAにおける「遺伝」とは

AGAの発症には「遺伝」の要素が関与していると考えられています。

AGAはDHT(ジヒドロテストステロン)とアンドロゲンレセプターが結合することによって発症しますが、男性ホルモンの受容体であるアンドロゲンレセプターの感受性には個人差があるといわれています。

人間の体を構成するすべての細胞の中には、数百から数千の遺伝子※2を含んだ「染色体※3」といわれる生体物質が存在します。

染色体の数は生物によって異なっており、人間の染色体数は22種類2本ずつで構成される常染色体と、「X」と「Y」の2種類1組からなる性染色体の計46本です。性染色体の組み合わせは「XY」が男性、「XX」が女性と、性別によって固有の組み合わせを保持しています。

男性の染色体は、Xを母親に、Yを父親に由来します。

AGAは主に母親から受け継がれるX染色体が関与していると考えられています。X染色体にはY染色体に比べ多くの遺伝子が存在し、多くは性を決める以外の機能を保有しています。

上述した、男性ホルモン受容体であるアンドロゲンレセプターの感受性に関する遺伝情報も、X染色体に含まれているのです。

アンドロゲンレセプターの感受性が高ければ、AGAの罹患リスクは高くなると考えられているため、母親から受け継いだX染色体の遺伝子が、アンドロゲンレセプターの感受性が高い特徴を保有していれば、体質として子孫に受け継がれる可能性があると考えられます。

※2「遺伝子」
タンパク質の生成に関わる遺伝情報をもっているDNAの一部(領域)の名称

※3「染色体」
細胞の核内に存在する遺伝子を含んだ棒状の構造体

AGA遺伝子検査の概要と目的

AGAの発症の可能性や進行状況は人によって様々です。発症原因を1つに断定することはできませんが、遺伝による罹患率は決して低くないと考えられています。

しかし、遺伝的にAGAを発症しやすい体質であるか否かを、自分自身で確認することはできません。

AGA遺伝子検査とは、遺伝子を検査することによって潜在的なAGA発症のリスクや薄毛治療の診断、治療効果を予測することを目安として用いられる検査です。

AGA遺伝子検査の目的は、遺伝によるAGA罹患率の可能性を確認することですが、検査によって薄毛の原因をある程度把握することや、事前にその可能性を把握することで、薄毛の症状が顕著になる前に早めに治療を始めるなどのきっかけにもなります。

具体的な方法と注意点

AGA遺伝子検査の方法は採血による診断が一般的です。検査機関によっては体内の粘膜や髪の毛、爪などを採取する場合もあるようです。

AGAに対する発症リスクや予測など、遺伝子検査によって得られた情報を元に、将来的な罹患率の有無や具体的な治療および対策を決定します。

最近では、インターネット上の通販サイトで医療機器や健康食品を扱うメーカーなどから、自宅で可能な遺伝子検査キットが販売されています。

口腔内の粘膜を採取し、返送することでAGAの発症率や罹患リスクを診断してもらえる製品ですが、簡易的なキットであり、結果の信憑性が疑わしい場合もあるようです。

そのため、遺伝子検査を希望する際は病院やクリニックで医師の指示のもとに行うべきでしょう。

注意点

体内の粘膜から細胞を採取する場合は、煙草や歯磨き粉に含まれる成分が検査に影響を及ぼす可能性があるため、検査前の喫煙、歯磨きは控える必要があります。

検査の判定基準

AGA遺伝子検査は、別名「アンドロゲンレセプター遺伝子解析検査」と呼称されることもある検査です。母親から受け継いだX染色体の中には、男性ホルモンの受容に関与する遺伝子(アンドロゲンレセプターに関する遺伝子情報)が存在し、遺伝情報は塩基配列※4といわれる一定の規則に基づいてデータ化されています。

塩基配列には特定のパターンが何度も繰り返される領域が存在し、配列の繰り返し回数には個人差があり、回数が多ければ多いほどその配列領域が長くなることがわかっています。

アンドロゲンレセプターの感受性を決定する遺伝子の中には、一定の塩基配列が何度も繰り返される「CAG」や「GGC」と呼ばれる領域が存在しています。

DHT(悪玉男性ホルモン)に対する感受性の有無は、「CAG」と「GGC」の塩基配列が繰り返される数を調べることによって予測することができると考えられています。

塩基配列の回数が多い場合には、DHTに対する感受性が低いためAGA発症リスクが下がり、少ない場合には、DHTに対する感受性が高いためAGA発症のリスクが上がると判定することができます。

※4「塩基配列」
DNAを構成する単位であるヌクレオチドの並び方を示したもの。

検査基準の詳細

現在国内で行われているAGA遺伝子検査における具体的な方法は、上述したアンドロゲンレセプターの感受性を決定する遺伝子配列である「CAG」と「GGC」という塩基配列が、どの程度繰り返されているか(リピート数)を調べるというものです。

「CAG」と「GGC」の塩基配列を合計した数字に一定の基準値を設け、その数字と比較した際に「CAG」と「GGC」の合計値が下回れば潜在的なAGA罹患リスクが高く、上回れば潜在的なAGA罹患リスクは少ないと判断しています。

また、「CAG」単独の値を調べることで、特定のAGA治療薬に対する効果の目安を調べることも可能であり、AGA発症後の治療指針に利用されています。

参考資料:https://patentimages.storage.googleapis.com/f8/08/8d/216255b0ce2eac/WO2009154259A1.pdf

検査の期間と費用

AGA遺伝子検査における採血や粘膜の採取に時間がかかるということはありません。

しかし、採取した血液等からAGAに関連する遺伝子情報を解析する必要があるため、検査結果が確定するまでには平均数週間〜1ヶ月程度の期間が必要です。

病院やクリニックで検査を受ける場合には、個人情報保護の観点から直接面談する形で検査結果を通知している医療機関が多いようです。

AGA遺伝子検査は、保険適用外の自由診療であるため検査費用は病院やクリニックによって差があり、平均相場は15,000円〜30,000円程度であるようです。

遺伝子検査キットを使用する場合の平均相場は、病院やクリニックに比べて数千円程度安価な場合が多いでしょう。

AGA遺伝子検査の注意点と留意事項

AGA遺伝子検査は、遺伝要素におけるAGA罹患率の有無や治療薬に対する感受性を調べる検査として一定の成果が認められていますが、懐疑的な意見があることも事実です。

遺伝学の研究や進歩、遺伝学分野の診療推進、純類遺伝学の知識普及を目的として、1956年に創立された「日本人類遺伝学会※5」では、一般市民を対象とした遺伝子検査について問題提起を行っています。

また、海外では2012年にアンドロゲンレセプター遺伝子とAGA発症リスクとの因果関係を検証した研究※6のメタ分析※7報告がなされています。

このメタ分析は、過去に行われた多数の研究によりアンドロゲンレセプター遺伝子とAGAのリスクとの関連が示されている状況の中で、より高い見地から研究の結果を改めて分析し、信憑性のあるデータを採取することを目的として行われたものです。

すでに結果が示されている8つの研究結果に対して、メタ分析を実施することによって、一般的なアンドロゲンレセプター遺伝子がAGAに対する感受性を付与する可能性を検討しています。

メタ分析の対象となった8つの研究を集計し、合計でAGA患者2074人と健常者1115人のデータが分析された結果、アンドロゲンレセプター遺伝子とAGAのリスクの間に、特に白人集団において関連は確認できていません。

そして、アンドロゲンレセプター遺伝子が、特に白人集団においてAGAの潜在的な危険因子である可能性は示唆しながらも、AGAのリスクとアンドロゲンレセプター遺伝子の明らかな相互関係は見つからなかったと結論づけています。

※5「一般市民を対象とした遺伝子検査に関する見解」(2010)

※6「アンドロゲン受容体遺伝子多型と男性型脱毛症のリスク:メタ分析」

※7「メタ分析」
すでに分析のなされている複数の研究データや資料を収集し、それらを統合して多角的に再度検証、分析する研究方法

AGA遺伝子検査の意義

AGA遺伝子検査は、AGA治療を行う上で必須ではなく、検査の有無がAGAの発症率や進行度に影響することはありません。

また、検査は遺伝によるAGA発症リスクの把握や、治療効果の目安を知るために行うものであり、検査の結果が必ずしもAGA発症を決定づけるわけではないのです。

AGA遺伝子検査の結果は絶対ではありませんが、AGAに対する傾向と対策を講じる上で、1つの有効な手段といえるかもしれません。検査を行う際は専門の医師による指示のもと、病院やクリニックで受診するようにしましょう。

記事の監修医師

正木 健太郎銀座総合美容クリニック 院長
【略歴】
・平成14年 岡山大学医学部卒
・平成20年 銀座総合美容クリニック 開院
【所属学会】
・日本形成外科学会 正会員
・日本臨床毛髪学会 正会員
・日本再生医療学会 正会員
・日本美容外科医師会 正会員

監修医師の詳細情報